Home > 企業動向 > ニッセン  アマゾンと物流で協業、大型商品の配送受託

ニッセン  アマゾンと物流で協業、大型商品の配送受託

 ニッセンは11月5日、アマゾンジャパンと大型商品のロジスティクスに関する協業について基本合意したと発表した。11月中旬から、アマゾンで販売する家具など大型商品は、ニッセン子会社である通販物流サービスの「三重大型商品配送センター」(三重県いなべ市)から配送される予定。


 協業により、顧客満足度向上のための効率的な物流インフラの整備や、配送サービスにおけるコストの最適化や効率化などを行う。

 ニッセンでは今年1月から、大手オフィス用品メーカー、プラスの子会社で物流事業を手掛けるプラスロジスティクスに大型商品の配送を委託している。実際の運営は、プラスロジスティクス子会社で配送を担当する、プラスカーゴサービスが行っており、アマゾンの大型商品もプラスカーゴサービスが配送するとみられる。

 ニッセンでは、今回の協業で「配送の品質向上など、顧客満足度向上が見込める」(ニッセンホールディングス広報企画室)とする。また、今後は三重大型商品配送センターで扱う商品数が大幅に増えるとみられるが、「受け入れ能力に関しては問題ない」(同)としている。


Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/1862
Listed below are links to weblogs that reference
ニッセン  アマゾンと物流で協業、大型商品の配送受託 from 通販新聞

Home > 企業動向 > ニッセン  アマゾンと物流で協業、大型商品の配送受託

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ